栗田昇による「どこでも水車」

お鷹の道でアート

今日5月18日から、国分寺市のお鷹の道で野外のアート展「初夏のほほえみ」展が始まりました。

お鷹の道で開催されている、初夏のほほえみ展
お鷹の道で開催されている、初夏のほほえみ展

国分寺市の泉町にある兒嶋画廊の兒嶋俊郎さんや、西荻窪の善福寺公園でおこなった野外アート展「トロールの森」に出展されたアーティストの方々などの作品が、西元町のお鷹の道の沿道に飾られています。

おたカフェの近くで、5月23日(日)までの開催です。

ユニークな作品続々

コロナ禍の鬱憤を払い飛ばすような、とてもユニークな作品が揃っています。

曙象とアリクイ

こちらは兒嶋俊郎さんの木彫りの彫刻2体です。

兒嶋俊郎さんによる「曙象」
兒嶋俊郎さんによる「曙象」
兒嶋俊郎さんによる「アリクイ」
兒嶋俊郎さんによる「アリクイ」

お鷹の道の草むらに溶け込んでますね。

ぎょ魚!?

そしてこちらは、本永 安芸夫さんによる「ぎょ魚!?」です。さかなクンを彷彿とさせますね。

本永 安芸夫さんによる「ぎょ魚!?」
本永 安芸夫さんによる「ぎょ魚!?」

おしりダケ

私が一番ウケたのが、永林 香穂さんによる「おしりダケ」。

おしりのキノコが生えているようです。

永林 香穂さんによる「おしりダケ」
永林 香穂さんによる「おしりダケ」

どこでも水車

そして、こちらは栗田昇さんによる「どこでも水車」。バケツに水を入れれば、水車が出来てしまうんです。

栗田昇さんの「どこでも水車」の映像

それは黄色く揺れている

ユニークなのは、戸室太一建築設計室による「それは黄色く揺れている」。

あいにく、今日行ったときは風が吹かなかったので、全く揺れませんでしたが、お鷹の道の近くの雑木林にいるシジュウカラの「スピスピスピ」という鳴き声や、ウグイスの「ホーホケキョ」を聴きながら、ずっと眺めたくなる作品でした。

初夏のほほえみ展は、5月23日(日)までの開催。

早目の梅雨入りになってしまい、散策には不向きかもしれませんが、お鷹の道を歩かれるときにはぜひアートを感じてみてください。

オススメの記事

Last Updated on 5月 21, 2021

0

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー