リニューアルオープンした重吉・スシロー西武国分寺店 (2022年8月4日)

※2022/08/04 追記: 重吉・スシロー西武国分寺店がリニューアルオープンしました
※2022/07/31 初稿

国分寺駅の西武国分寺線の改札横にあるおにぎり専門店「重吉」

国分寺駅の西武国分寺線の改札の横(コンコース)にあるのが、おにぎり専門店の重吉(じゅうきち)さん。

意外と知られていないですが、寿司のテイクアウトで有名な京樽の1ブランドです。

と言っても全国で2店舗だけで、東京都が「国分寺西武コンコース」、神奈川県が「あざみ野東急フードショースライス」にあるだけです。

【京樽】その他ブランド 重吉

国分寺駅にある重吉さんが、今日はシャッターを閉めていて、「まさか閉店?」と悪い予感がしたのですが、貼り紙を見て納得。

リニューアルのために改装工事をおこなっている国分寺駅の「おむすび重吉」(2022年7月31日撮影)
リニューアルのために改装工事をおこなっている国分寺駅の「おむすび重吉」(2022年7月31日撮影)

回転寿司のスシローのテイクアウト専門店とミックスした「重吉・スシロー」となるため7月31日から改装工事をしていたのです。

国分寺駅の「おむすび重吉」のリニューアルのお知らせ (2022年7月31日撮影)
国分寺駅の「おむすび重吉」のリニューアルのお知らせ (2022年7月31日撮影)

2022年8月4日にリニューアルオープンで、朝7時から14時までが引き続き「おむすび重吉」として、15時から20時までが「スシロー・テイクアウト専門店」というハイブリッド営業になる予定だそうです。

国分寺駅の北口にはスシロー国分寺店があって、こちらで紹介したように4月に改装してリニューアルしたばかり。さらにテイクアウト専門を出店することで、国分寺駅からの帰宅客を持ち帰りでもスシローという選択肢を提供してくれますね。

実はスシロー系傘下の京樽

重吉の運営会社は京樽ですが、これまでは吉野家ホールディングスが京樽の株を保有していました。スシローを展開する「株式会社スシローグローバルホールディングス (現在の株式会社FOOD&LIFE COMPANIES)」が2021年4月1日に吉野家の保有する全株式を取得して完全子会社化し、京樽はスシロー系列の会社の傘下にあります。

回転寿司の店舗だけではなくテイクアウトを強化しているスシローは、八王子駅などにスシローTo Goを出店しました。しかし、スシローの公式HPのニュース一覧を見ると、最近は「To Go」の閉店の情報が目立ちます。コロナ下で持ち帰りの需要があると見て一気に出店したものの、不採算事業を整理しているようです。

一方で2021年7月からは京樽・スシローのダブルブランドの店舗を増やしています。そこに重吉ブランド×スシローの組み合わせ。おにぎり専門店と、寿司のタッグでテイクアウト事業で国分寺駅からシナジーが出ることに期待です。

重吉・スシロー、オープン!

※2022/08/04 更新

8月4日になりました。

京樽の公式HPでも、お知らせが出ています。

店名は「重吉・スシロー 西武国分寺」です。

重吉・スシロー西武国分寺店の公式HP (2022年8月4日時点)
重吉・スシロー西武国分寺店の公式HP (2022年8月4日時点)

備考にリニューアルオープンのお知らせが出ていますね。

重吉・スシロー西武国分寺店の公式HPのお知らせ (2022年8月4日時点)
重吉・スシロー西武国分寺店の公式HPのお知らせ (2022年8月4日時点)

こちらが実際の店舗。夕方に行ったので、スシロー持ち帰りのほうになっていました。

リニューアルオープンした重吉・スシロー西武国分寺店 (2022年8月4日)
リニューアルオープンした重吉・スシロー西武国分寺店 (2022年8月4日)

オススメの記事

Last Updated on 8月 4, 2022

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitter タイムライン

Instagram タイムライン

ご当地ネタと住まいづくりをメインに写真で発信しています。始めたばかりなのでフォローしてくださると嬉しいです。

スポンサーリンク