ブッドレア ブルーダイヤモンドを訪れたアゲハチョウ

バタフライ・ブッシュと言われるブッドレアという木

ブッドレアという木を知っていますか?

シンボルツリーにはならないですし、そこまでメジャーではない樹木だと思います。

私も近所の方と庭木の話をするときに、オリーブ、シマトネリコなどのシンボルツリーになる樹木や、アジサイ、ユキヤナギなどの低木も話が通じやすいのですが、ブッドレアというと、「え、知らないです」とか「どんな木ですか?」と言われてしまいます。

ブッドレアは英語でButterfly Bush(バタフライ・ブッシュ)と言われて、その名の通り蝶が多く集まる木です。小さな花が房のように密集して咲いて、甘い蜜の匂いがします。匂いを嗅ぐと花屋に来た気分になります。

ブッドレアについては以前の記事でまとめていますので、興味があればそちらもご覧いただければと思います。

【ガーデニング】ブッドレア成長記録:蝶が訪れる庭にしたい!

確かに花に蝶が集まるのですが、デメリットもあります。草ではなく樹木なので固い根っこがしっかり根付きます。植え替えようとすると根っこを引っこ抜くのにかなりの力が必要になるので気軽に植え替えとかが難しいです。また、栄養をあげなくても成長力がすごいので、剪定しないと四方八方に枝が伸びてしまいます。あと、葉っぱも鑑賞用には向いていないので、やはりシンボルツリーには向いていないと思います。

2年目で念願のアゲハチョウが

昨年は色んな蝶がブッドレアに立ち寄ってくれましたが、イチモンジセセリ、ツマグロヒョウモンばかりで、アゲハチョウは来てくれませんでした。

2年目になって、ブルーダイヤモンドという種類のブッドレアがいち早く開花していますが、今日、そのブルーダイヤモンドにアゲハチョウが来てくれました。

ブッドレア ブルーダイヤモンドを訪れたアゲハチョウ
ブッドレア ブルーダイヤモンドを訪れたアゲハチョウ

少し黄色ががっているので、キアゲハなのかナミアゲハなのか、パッと見では分からなかったのですが、裏羽の前部分が塗りつぶしではなくシマシマ模様になっているので、こちらは一般的にアゲハチョウと呼ばれるナミアゲハのようです。

一旦飛び立ってしまいましたが、蜜の味が気に入ったのか、すぐにブッドレアに戻ってきてまたチューっと吸っていました。

ブッドレア ブルーダイヤモンドを再び訪れたアゲハチョウ
ブッドレア ブルーダイヤモンドを再び訪れたアゲハチョウ

蝶が来るガーデンにしたいと思ってブッドレアを植えましたが、2年目で念願のアゲハチョウが来てくれました。バタフライ・ブッシュと言われるだけありますね。

オススメの記事

Last Updated on 6月 5, 2021

0

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー