兒嶋画廊_丘の上のAPT

キンモクセイの香りが漂う季節

すっかり秋らしくなりましたね。朝晩は冷え込みますけど、日中は暖かくて、行楽日和が続きますね。

さて、秋と言えば、芸術の秋、ですね。街路樹のハナミズキも紅葉してきましたし、キンモクセイの匂いが漂ってきて、「秋だなぁ」と実感しています。

我が家でも秋の花のアメジストセージがビロードのようになめらかな花を咲かせています。

兒嶋画廊/丘の上のAPTで花の絵の展覧会

さて、国分寺市の泉町にある兒嶋画廊では、今日から展覧会が行われています。テーマは「花」です。

花傳三傑 – 刹那の命を久遠なる美へ
https://www.gallery-kojima.jp/pickup/flowers/

国分寺で画家生活を過ごした児島善三郎氏を始め、勅使河原蒼風氏、中川幸夫氏の三人の画家の花に関する絵を展示しています。

兒嶋画廊_丘の上のAPT
兒嶋画廊/丘の上のAPT

私は児島善三郎氏のダリアの絵が特に良かったなぁ、と感じました。

国分寺でアートを観てみようと思ったら、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。11月12日まで開催していますので、私もまた行ってみたいと思います。

Last Updated on 11月 6, 2020

0

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー