東京都議選(北多摩第二)の候補者(6/25時点のポスター)

※2021/07/04更新 22時30分時点の開票速報はこちらの記事にまとめています。

東京都議選の告示始まる

今日(6/25)から、東京都議会議員選挙2021の告示が始まりました。

国分寺市は国立市と合わせて「北多摩第二選挙区」で、定数は2名です。

早速立て看板にポスターが貼られていますね。

東京都議選(北多摩第二)の候補者(6/25時点のポスター)
東京都議選(北多摩第二)の候補者(6/25時点のポスター)

こちらは昼に撮った写真です。夕方まで待ったのですが、5番と6番が貼られていないままだったので、この写真をそのまま載せることにしました。

明日6/26から期日前投票、7/4に投票日

都議選は7月4日(日)が投票日です。

明日6/26(土)から期日前投票が始まります。

東京都選挙管理委員会の特設HPも開設されているのですが、まだ候補者一覧の情報は「Coming Soon」になってページがありません。

【東京都選挙管理委員会】東京都議選 特設HP

立候補者が4人で終わりなのか、5番と6番がいるのか、気になります。。

国分寺市長選と市議補欠選挙も7/4に投票

都議選と同じ7/4に、国分寺市長選挙と、国分寺市議会議員の補欠選挙もおこなわれます。

国分寺市長は現職の井澤 邦夫さんが7月12日で満期を迎えるためです。

告示日が6/27(日)なので、まだ立候補者のポスターは貼られていません。

国分寺市長選、国分寺市議会議員補欠選挙の立て看板 (6/25時点のポスター)
国分寺市長選、国分寺市議会議員補欠選挙の立て看板 (6/25時点のポスター)

こちらの記事に書いたように、国分寺市議会議員を務めていた岩永 やす代さんと、本橋 たくみさんが6月1日付で市議を辞職し、東京都議会議員選挙への出馬を果たしました。

市議会議員の補欠選挙は、この2名の枠を埋めるための選挙です。こちらもまだポスターは貼られていませんね。

今回の選挙は、コロナ禍の対応やオリンピックの開催の対応などを巡り、いつも以上に民意が問われる選挙になりそうです。

お隣の小平市では早くも無投票で当選

国分寺市の北のお隣、小平市では都議選の候補が無投票で当選になったそうです。

定員2名の枠に、立候補の届け出があったのは元・小平市議の磯山 亮さん(自民党)と竹井 庸子さん(立憲民主党)の2名だけ。定員を上回らなかったので、無投票で当選となるそうです。

【東京新聞】58年ぶりに無投票当選 東京都議選の小平市選挙区で新人2人

無投票当選は58年ぶりのことだそうです。立候補者ってそんなに集まらないものですかね。

オススメの記事

Last Updated on 7月 4, 2021

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー