【国分寺市】第38回国分寺まつりの中止

毎年秋の恒例行事

毎年、11月上旬頃に都立・武蔵国分寺公園で開催している国分寺まつり。2019年には6万5千人もの方が来場したそうです。

新型コロナウイルスの影響で2020年は中止になってしまいましたが、国分寺市より本日発表があり、今年2021年開催中止が決まりました。

【国分寺市】第38回国分寺まつりの中止
【国分寺市】第38回国分寺まつりの中止

秋の開催なのでまだまだ気が早いよと思いますし、10月下旬までにはワクチン接種も進んでいるとは思うのですが、関係者の方々が色々と考えた結果の中止ということなので、しかたないですね。

ステージあり、屋台あり、こくベジあり、植木あり…

国分寺まつりは、本当に楽しい祭りです。

武蔵国分寺公園の円形広場をフルに使いますし、消防署の出し物も公園東の道路で行われていました。

ステージではダンスや音楽もあり、屋台では食べ物、飲み物、グッズ販売など様々です。国分寺ならではの、地元で生産された野菜「こくベジ」や、植木の街・国分寺らしく地元の植木屋さんが持ってくる樹木も販売されます。

こちらは2017年(第34回)の国分寺まつりでの、JR東日本の出し物。特急「かいじ」と中央線のハリボテで記念写真が撮れます。子供向けには運転手・車掌の制服も貸してくれます。

2017年の国分寺まつりで、JR東日本のブースで記念写真
2017年の国分寺まつり。JR東日本のブースで記念写真

また次回、来年こそは国分寺まつりが開催できることを願っています。

Last Updated on 5月 25, 2021

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー