西国分寺駅から南に1.3kmほどのところに、武蔵国分尼寺(こくぶんにじ)の跡があります。

以前紹介した武蔵国分寺跡と同様に、こちらも跡地なので当時の面影はあまり感じられないです。

武蔵国分尼寺跡のモニュメント

金堂の跡も復元されて保存されています。

武蔵国分尼寺 金堂跡

中門の跡はご覧のとおり地面に掘られているだけです。

武蔵国分尼寺 中門跡

尼僧が住んでいた尼坊の跡も、礎石の部分だけ復元されています。正規の尼僧だけではなく修行中の尼僧、召使いなども共同生活をしていたと考えられています。

武蔵国分尼寺 尼坊跡

すぐ隣にはJRの電車の高架線路があるので、武蔵野線や貨物電車などが行き交うのを目にすることができます。

武蔵国分寺跡の横を通る武蔵野線

また、だいたい2月末になると、梅の花が咲き、跡地に彩りを添えます。

武蔵国分尼寺跡に植えてある梅

また、隣にはローラー滑り台で有名な黒鐘公園があり、武蔵国分尼寺跡よりも公園に行く人のほうが多いですね。


武蔵国分寺と同時代に作られ、双璧をなした武蔵国分尼寺。その跡地をふらっと訪れて、武蔵野線をぼうっと眺めたり、梅の花を愛でたりするのも一興でしょう。

Last Updated on 2月 23, 2020

0

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー