新型コロナウイルスの影響で、外出自粛が要請されている東京都。

国分寺市でも、国分寺駅や西国分寺駅をはじめ、駅ビルや周辺の店、公園でもいつもより人の数は断然減っています。

ただ、ずっと家に引きこもっていると運動不足になってしまうので、外に出てウォーキングぐらいはしたいもの。屋外で、人が密集しないようなところで、と考えると武蔵国分寺公園ぐらい広い公園ならまだ安全ですね。

とはいえ、都立公園は花見が自粛になっているので、桜の木の近くで集団で集まったり飲食をしたりするのはNG。なるべく単独で来てさっと行ってさっと帰りたいもの。私も今日はマスク着用で足早でウォーキングをしてきましたが、気持ちがふさがる今の情勢を忘れるような自然の美しさに癒されました。


今年は桜の開花が例年よりも早かったですが、その後気温が下がったのも影響して、まだ綺麗に咲いた状態を維持しています。こちらは武蔵国分寺公園の西元町の南西口。入り口の桜が緑の草木と対照的で、綺麗でした。

武蔵国分寺公園 西元・南西口

武蔵国分寺公園の西元町エリアには、野鳥の森や雑木林など、自然を見ながらウォーキングするにはもってこいのエリアがあるのですが、ここでは紫色の花が一面に咲いて、本当に綺麗でした。

武蔵国分寺公園 野鳥の森に咲く花

花の名前が分からなかったので、もしご存知の方がいればご教授ください。

このような情勢だからこそ、春を色付かせる自然の美しさに感動してしまいました。

Last Updated on 4月 3, 2020

0

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー