中央線で国分寺駅のホームで耳にする発車メロディー。

たたたたたたたー たたたたたたたー

あの曲って何だろうと思ったことはありませんか?

立川方面の1番線・2番線、そして東京方面の3番線、4番線とも同じ曲のバリエーションが使われていますね。

実は、JR国分寺駅の発車メロディーは「電車ごっこ」という童謡を基にしているのです。

「電車ごっこ」

運転手は君だ 車掌は僕だ
あとの四人が 電車のお客
お乗りはお早く
動きます ちんちん

井上 赳(たけし)が作詞、信時 潔(のぶとき きよし)が作曲したものです。信時氏は大阪の出身ですが、国分寺市で40年を過ごしたゆかりのある音楽家ということで、信時氏の作曲した代表的な童謡を発車メロディーにしたのです。

また、西国分寺駅の中央線の1番線、2番線の発車メロディーは「一番星みつけた」。これも信時氏が作曲した代表作です。

電車の乗り降りの時に耳にする発車メロディーにも国分寺にゆかりのある音楽が使われているんですね。

参考:国分寺市ホームページhttp://www.city.kokubunji.tokyo.jp/machi/midokoro/1015296.html

Last Updated on 2月 17, 2020

タグ:

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントは内容を確認させていただいてからの掲載となりますのでご了承ください。

Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー