ぶんさんウォークのイベントでの『はらぺこあおむし』読み聞かせ
5100万部を超える大ベストセラーの絵本『はらぺこあおむし』の作家 カラフルなアオムシがお腹を空かせ […]
【国分寺市】第38回国分寺まつりの中止
毎年秋の恒例行事 毎年、11月上旬頃に都立・武蔵国分寺公園で開催している国分寺まつり。2019年には […]
親の後を付いていくカルガモのヒナたち
今年もカルガモのヒナたちが誕生 今年も武蔵国分寺公園の武蔵の池に温かい視線が送られています。 カルガ […]
武蔵国分寺公園、円形広場の木漏れ日
久しぶりのスッキリとした晴天 今日は久しぶりにスッキリとした晴れでしたね。 昨日の記事で除湿剤の話を […]
オオシマザクラに生える黄色いキノコ?
ジメジメした1日 今日は曇り続きで朝からジメジメした1日でしたね。 関東地方も梅雨入りが間近とのこと […]
武蔵国分寺公園の泉・北東口に咲くヤマボウシの花
あの木は何だろう? ヤマボウシという樹木はご存知でしょうか? 庭木としても人気がありますが、街路樹や […]
下向きに咲くエゴノキの白い花
シンボルツリーとしても人気の樹木、エゴノキ。実が苦くて『えぐい』というのが名前の由来です。5月になると白い可憐な花が下向きに咲いて何とも奥ゆかしいです。国分寺市の武蔵国分寺公園にも立派なエゴノキがあり、今日(5/7)に花がびっちりと咲き乱れていました。下から見上げると花がよく見えて、『エゴ』どころか『人思い』の木です。そんなエゴノキの魅力を紹介します。
姿見の池の桜 後ろには中央線が走っています
東京・国分寺には桜のスポットが数多くあります。2021年もまさに満開を迎えているので、各地で写真を撮ってきました。新型コロナの影響で花見の宴会自粛が出ていますので、ご留意して桜を楽しんでいただければと思います。
武蔵国分寺公園の西元地区こもれび広場で咲き始めた桜
2021年の桜の開花が気になる時期ですね。東京都国分寺市の武蔵国分寺公園の桜は、3月19日に花が付き始めてきたものもありました。満開になるのは来週かなという感じがします。
武蔵国分寺公園の泉・北西口近くに咲くハクモクレンの白い花
強風で武蔵国分寺公園の白梅はだいぶ散ってしまいましたが、他にも白い花が次々と見頃を迎えています。華やかなハクモクレンの白い花、力強いコブシの白い花、そして鮮やかなユキヤナギの白い花と、まるで白の饗宴のようです。
Twitterタイムライン
スポンサーリンク
カテゴリー