坂の街、国分寺
東京・国分寺は一言で言い表せないほど多くの特徴を持っていますが、このブログ「こくぶんじライフ」でその特徴を1つ1つお伝えしようと考えています。まずは「坂」の街。古代の多摩川が削り出してできた国分寺崖線(がいせん)が生み出す、起伏に富んだ土地が国分寺の特徴です。ということで、国分寺の坂を紹介します。
マンションへの工事が始まった花沢通りのライフバル跡(2021年11月27日時点)
※2022/04/23更新:工事状況を追記しました。国分寺市の多喜窪通りと花沢通りが交差する場所にあった東京ガスのショールーム、ライフバル国分寺駅前店は2020年2月に閉店しました。長らく手つかずの状態でしたが、2021年7月に告知があり、跡地には14階建ての学生用マンションが建設する予定となりました。
オゼック国分寺北口店とその跡地で工事が進むルフォンエチュード国分寺
国分寺駅北口すぐの本町2丁目。かつてパチンコのオゼック国分寺北口店がありましたが2021年11月末に閉店。サンケイビルから4月22日にプレスリリースが出て、その跡地に13階建ての学生レジデンス「ルフォンエチュード国分寺」が建設される予定と分かりました。2022年8月中旬着工、2024年3月末竣工予定の計画です。
新緑がまぶしい殿ヶ谷戸庭園の次郎弁天池 (2022年4月16日撮影)
2018年4月に開業し2022年4月で4周年を迎えた国分寺駅の駅ビル、ミーツ国分寺。4周年のイベントが実施されています。また都立・殿ヶ谷戸庭園では、弁天次郎池の新緑がまぶしく、竹の小径でたけのこがニョキニョキ生え、シャガが見頃を迎えています。
殿ヶ谷戸庭園でひっそりと咲くヒトリシズカ (2022年4月3日撮影)
東京都のまん延防止等重点措置等期間が解除された2022年3月22日から、休園していた都立殿ヶ谷戸庭園も開園し、予約なしで入れるようになりました。最高気温が10℃を下回る花冷えで雨も降りしきる4月3日に行ったところ、ヒトリシズカがひっそりと静かに咲いていました。
リニューアルオープンしたスシロー国分寺店 (2022年4月2日撮影)
国分寺駅の北口のcocobunji EASTにできたスシロー国分寺店が3年目にして改装工事をおこないました。2022年4月1日にリニューアルオープンし、注文用レーンの設置、タブレットが卓上化、給湯口のレバー式などが変更となり、価格もやや値上げとなっています。変更点を記載しています。
SUUMO住みたい街ランキング2022関東編
SUUMOが毎年発表している住みたい街ランキング。2022年の関東版が本日発表され、多摩地域では吉祥寺が2位、立川23位、三鷹35位、府中76位、国分寺94位、国立103位、八王子106位、京王多摩センター146位、武蔵境173位、聖蹟桜ヶ丘177位がランクインしました。
鉄道博物館に展示されているクモハ101ー902
JR中央線の特別快速は中央特快、青梅特快、通勤特快とも国分寺駅に停車します。しかし1967年の中央特快運行開始時には国分寺駅には停車せず、1988年12月に中央特快、1993年4月に青梅特快が停車するようになり今の形になっています。鉄道博物館で昔の中央線の車両と路線図を見てきました。
出光石油のガソリンスタンド跡に2021年12月2日にオープンするニコニコレンタカー(2021/11/13時点)
国分寺駅南口の花沢通り沿いにあったガソリンスタンド、出光国分寺の南SS。2021年3月に閉店し、跡地はずっと手つかずの状態でしたが、ニコニコレンタカーが入り、2021年12月2日にオープンすることが張り出されました。ニコニコレンタカーは国分寺駅前店が近くにあり、移転なのか新規開店なのか、続報を待ちたいと思います。
新しくモスバーガー横にできた新「松屋 国分寺南口店」
※2021/11/13 更新。国分寺駅の南口の多喜窪通り沿いにある牛丼の松屋国分寺南口店。横断歩道を挟んで目の前のテナント(岡部眼科跡)に新しい松屋が作られていましたが、国分寺南口店が9月16日に移転するそうで、元の店舗は閉店し、新たな店舗はカレーのマイカリー食堂も併設した店になるそうです。
Twitter タイムライン

Instagram タイムライン

ご当地ネタと住まいづくりをメインに写真で発信しています。始めたばかりなのでフォローしてくださると嬉しいです。

スポンサーリンク